全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年05月26日

進行形と一緒に使われる「forever」



  

「forever」は「永遠に」という意味で知られていますが、
現在進行形で使われると「いつも」という意味になります。
英語の例文です。

 He is forever drinking at night.
 (彼はいつも夜にお酒を飲んでいます。)

このように進行形の中で使われると「always」と同じに意味になります。
「forever」は「永遠に」というイメージが強いので、
やや違和感がありますね。

ちなみに「forever」は大きく以下3つの意味があります。

@永遠に
Aいつも(現在進行形の文で使われやすい)
Bずっと(現在完了進行形の文で使われやすい)


Bもなかなかお目にかからない意味ですが、
以下のように使われます。

 I've been waiting forever.
 (私はずっと(長い時間)待ってます。)

現在完了進行形なので、ここで「永遠に」と訳してしまうと
変な文章になってしまいます。

また2語で綴った「for ever」という英語もあります。
「forever」とほぼ同じですが、「for ever」は主にイギリスで使われるそうです。
※イギリスではどちらも使う

会話上はどちらも「フォレヴァー」になるので、
あまり意識しなくてもいいかもしれません。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/363670675

この記事へのトラックバック