全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年04月22日

「〜なように作られています。」を英語で



  

「作る」は英語で「make」ですが、
「make」を使わないでも表現することができます。

特に「ある目的に適したように作られている」場合、
受動態で以下のような表現が可能です。

 This restaurant is designed to accommodate 40 people maximum.
 (このレストランは最大40人収容できるように作られています。)

 This umbrella is designed to be folded up.
 (この傘は折りたためられるように作られています。)

このように、

 be designed to 〜

で、「〜なように作られている」という意味になります。
「design」は「設計する」という意味の英語ですが、
「設計されている」より「作られている」と訳す方が自然です。

ちなみに、構文はあとに続く品詞によって若干かわります。

 be designed to {動詞}
 be designed for {名詞}


このように名詞が続く場合は前置詞に「for」が使われます。
英語の例文です。

 This product is designed for children.
 (この製品は子供用に作られている。)

「be designed to/for 〜」は、
日本の伝統的な建物を説明するときには最適の英語表現だと思います。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック