全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年04月14日

「アメリカ」と「イギリス」を英語で



  

「アメリカ」は英語で「America」ですが、
海外へ行くと、この単語を聞くことはあまりありません。

例えばアメリカ人に、

 Where are you from?

と聞くと、

 The States.

という答えが戻ってきたりします。

アメリカ人が自国のことを言うとき、

 the United States
 the States


と言うことが多いです。

 America

はほとんど聞いたことがありません。
また私の経験上ですが、会話上で「USA」も聞いたことはありません。

次に「イギリス」ですが、
この言葉はポルトガル語が由来ですので英語で「イギリス」とは言いません。

英語では、

 the United Kingdom
 U.K.
 the UK


などと言います。
ニュースでは

 Britain

と言うこともあります。

イギリスは、

 イングランド
 ウェールズ
 スコットランド
 北アイルランド


からなる連合国であり、

 England

はイングランドのことですので注意してください。
(※但し広義ではイギリス全体を指すこともあるそうです。)

ちなみにイギリスの正式名称は英語で、

 the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

と言います。
これが長いので略して

 Britain
 the United Kingdom
 UK


などと言うわけです。

「イギリス人」は英語で

 British(ブリティッシュ)

と言いますが、

 「北アイルランド人はBritainじゃないのにBritishなんだ」

という話をイギリス人から直接聞いたことがあります。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック