全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年04月07日

「四捨五入/切り上げ/切り下げをする」を英語で



  

「四捨五入」を英語にするのは難しそうに思えますが、
英語では「round off」という簡単な表現があります。
例文です。

 Round off 3.1415.
 (3.1415を四捨五入しなさい。)

「round」は「(数字を)丸める」という意味があります。

次に応用です。
「〜を〜に四捨五入する」という場合、前置詞「to」を使います。
こちらも例文です。

 Round off 3.1415 to 3.14.
 (3.1415を3.14に四捨五入しなさい。)
 ※実際はこんな表現使わないかもしれませんが。
 
 Round off 3.1415 to the nearest whole number.
 (3.1415を整数に四捨五入しなさい。) -> 3
 ※「whole number」は「整数」。「integer」も可

 Round off 3.1415 to the second decimal place.
 (3.1415を小数点第二位までにしなさい。)

ここで注意が必要です。最後の例は、

 「小数点第二位で四捨五入」ではなく、「小数点第二位までにする」

ということです。
他の例同様「to」を使ってるので、「to 〜」に続く値にするということです。
よって、小数点第二位で四捨五入する場合は、

 to the third decimal place

になります。
日本語の言い方と異なるので注意してください。
ちなみに「decimal」は「小数」「小数の」と言う意味です。

なお整数部を四捨五入する場合、以下の英語表現を使ってる方がいました。

 Round off 1234 to the nearest multiple of 10.
 (1234を10の位までに四捨五入しなさい。) -> 1230

 Round off 1234 to the nearest 10.
 (1234を10の位までに四捨五入しなさい。) -> 1230

2つ目の例の応用で、小数部もありました。

 Round off 1234.56 to the nearest 10th(tenth).
 (1234.56を少数点第一位までに四捨五入しなさい。) -> 1234.6

「10th」は「10番目」の他に「10分の1」という意味もあります。
「100th」「1000th」も同様です。

あまり整数部を四捨五入するときの情報がみつからなかったので、
あってるかわからないです。

また単に「round」だけ使うと、
「四捨五入」のことを意味することもあるようです。


次に「切り上げ」「切り下げ」ですが、
「round up」「round down」を使います。
使い方は「round off」と同じです。
英語の例文です。

 Round up 3.4 to the nearest integer.
 (3.4を切り上げなさい。) -> 4

 Round down 3.4 to the nearest integer.
 (3.4を切り下げなさい。) -> 3




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック