全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年03月22日

海外ドラマで英語学習 - ヤング・スーパーマン(7)



  

やっと終わりましたヤング・スーパーマン第7話。

久々なので、ドラマについての簡単な説明です。

巨大な隕石がスモールヴィルという小さな町に落ちたことから様々な異変が起こります。
不思議な能力を持つ人たちが現れ、その能力を悪用しはじめます。
主人公クラークは超人的な力で、彼らが起こす事件や騒動を解決していきます。
SFではありますが、青年期のクラークの悩みを描いたヒューマン要素が多いため、
SFが苦手な人でも楽しめるドラマかと思います。

原題は舞台の町の名前である「SMALLVILLE」です。




さて、第7話からの英語表現です。


■ Lana, can I interest you in a latte?
  (君もラテを飲むかい?)

何かを誘ったり薦めたりする英語表現です。
「interest」を「関心を持たせる」という動詞で使っています。

ジーニアス英和辞典には、

 Can I interest you in my plan?
 (私の計画に関心をもって参加してくれませんか?)

というのもありました。


■ I was contemplating stowing away in the back of his truck on Saturday.
  (彼の車に隠れて脱出しようかしら。)

長いセリフですが、「contemplate」は「熟考する」という意味です。
「contemplate 〜ing」で「〜をもくろむ」という意味になります。

「stow」は「積み込む」という意味の英語で、
「stow away」で「密航する」になります。


■ We may have a few thing in common.

これは日本語の字幕はありませんでしたが、
「我々には共通点がある」のような意味でしょう。
なんか使えそうな英語表現だったので、書き留めておきました。


■ It's not a gift certificate.
  (商品券以外だ)

クラークがラナの誕生日プレゼントに何を選ぶか聞かれたときのセリフです。
「gift certificate」で「商品券」という意味です。


■ I thought you were butting out of this.
  (干渉するの?)

「butt」は見慣れない英語のくせに、たくさんの意味があります。
ここでは「干渉する」という意味で使っています。
「out」と一緒に使うと、

 butt out
 (干渉しない)

という意味になるそうです。
アメリカの口語のようです。

なお、セリフの直訳は「あなたは干渉しないと思ってたのに」です。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック