全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2013年02月03日

「彼は良い先生だと考えられています。」を英語で



  

かなり前に(「〜と言われている/書かれている/考えられている」を英語で
という記事を書きました。

このときは、

 It is thought that 〜.

という構文でしたが、

今回は先頭に主語がくるパターンを紹介します。
that節を使うより簡単に表現できます。

では、さっそく英語の例文です。

 He is thought of as a good teacher.
 (彼は良い先生だと考えられています。)

「think of A as B」で、「AをBと考える/みなす」という意味です。
これを受動態で使っています。

 He is thought to be a good teacher.

とすることもできるようです。

「regard」を使った表現もあります。
英語の例文です。

 He is regarded as a good teacher.
 (同上)

注意点は「as」を忘れないようにしてください。

さらに「consider」を使った表現もあります。
さきほどの例文をまた書き換えます。

 He is considered (as) a good teacher.
 (同上)

正式な構文では「as」は不要ですが、
最近は「as」をつける人もいるんだとか。

さて、

 be thought of as 〜
 be regarded as 〜
 be considered (as) 〜


の違いですが、
調べてみたところ意味的な違いはほとんどないようです。
会話上での使用頻度の違いはあるかもしれませんね。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318202974

この記事へのトラックバック