全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年12月30日

「喜んで〜します。」を英語で



  

「喜んで〜する」というのは英語で、
「be happy to 〜」や「be glad to 〜」などを使います。
英語の例文です。

 I'll be happy to help you.
 (喜んでお手伝いしますよ。)

 I'll be glad to help you.
 (同上)

これらは積極的に何かをしたいという場面で使います。
似たような英語表現は他にもたくさんあります。

 I'll be pleased to help you.

 I'll be delighted to help you.

 I'll be ready to help you.

「be pleased to 〜」「be delighted to 〜」は、
やや丁寧な表現のようです。

また「be willing to 〜」というのもあります。
これは上記で紹介した表現とは、やや使うシチュエーションが異なるので注意が必要です。
例えば以下の例文を見てください。

 I'm willing to help you.
 (喜んでお手伝いしますよ。)

日本語訳はいままでの例文と変わりませんが、
「willing」を使った場合、積極性はありません。

積極的にはやらないけど、頼まれたらやるというようなニュアンスです。
辞書を引いても分かりますが「〜するのをいとわない」という訳が書いてあったりします。

また自分が喜ぶより相手が喜ぶことに対して使われます。
2つの文で比較してみましょう。

 I'll be happy to join the club.
 (喜んでクラブに参加します。)

 I'm willing to join the club.
 (同上)

「happy」の方は積極的に参加して、
自分も楽しみたいという気持ちがありますが、
「willing」の方は相手を喜ばせるためにクラブに参加するという
少し不自然な英文になってしまいます。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310691164

この記事へのトラックバック