全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年11月12日

「〜にちなんで名付けられました。」を英語で



  

例えば誰かにちなんで名前をつけるとき、
英語では「name after」という表現を使います。
英語の例文です。

 I named my son after my best friend.
 (私は親友の名前にちなんで息子の名前をつけました。)

辞書によると、

 name 目的語1(O1) 補語(C) after 目的語2(O2).

という構文になっているので、

 I named my son John after my best friend.
 (私は親友の名前にちなんで息子のにジョンと名付けました。)

とすることもできるようです。

この「name after」ですが、
実際には受動態で使われることが多いようです。
英語の例文です。

 I was named after my father.
 (私の名前は父親にちなんで名付けられました。)

 She was named Hanako after her mother.
 (彼女は彼女の母にちなんで花子と名付けられました。)

この「after」は「〜の後に」という意味から派生して、
「〜にならって」「〜にちなんで」という意味があります。

先日紹介した「似ている」と言う意味の英語表現「take after」も
同様の使い方から来ていると思われます。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック