全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年11月11日

アメリカとイギリスの日付の書き方の違い



  

英語での日付の書き方ですが、
アメリカとイギリスで形式が異なります。

両者を説明する前にまず日本での書き方です。

 2012年10月5日
 2012/10/05


このように年・月・日の順番で記述します。

次にイギリス英語での書き方です。

 the 5th of October, 2012
 October the 5th, 2012
 05/10/2012


このように基本的に日・月・年の順番に記述します。
2つ目の例のように先に月・日・年の場合もあります。
定冠詞の「the」を書くのが特徴的です。

一方アメリカ英語での書き方です。

 October 5, 2012
 10/05/2012


アメリカでは月・日・年の順番に記述します。
「October 5」の「5」は発音は序詞の「fifth」になります。

日本・イギリス・アメリカで比較すると、
スラッシュ区切りで記述する場合が一番ややこしいですね。

 2012/10/05(日本)
 05/10/2012(イギリス)
 10/05/2012(アメリカ)


この記述方式はサインをする際によく使うので、
イギリスとアメリカでは異なることに注意が必要です。
特に外国へ旅行する際に英語で出入国カードを書く際に注意です。

知り合いのイギリス人いわく
「アメリカの記述方式は順番がおかしい」と言っていました。
日本とイギリスは順番に一貫性がありますが、
アメリカはバラバラでわかりづらいと・・




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック