全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年11月04日

「予算オーバーです。」を英語で



  

買い物で店員がしつこい場合、
日本人でもよく知っている定番の英語フレーズあります。

 I'm just looking.
 (見てるだけです。)

これ以外にも「お金がないから」といって断る場合もあるでしょう。
そんなときは以下の英語表現があります。
もちろん本当にお金がないときにも使えます。

 It's over my budget.
 (予算オーバーです。)

 It's beyond my budget.
 (同上)

 It's out of my range.
 (同上)

「budget」は「予算」という意味です。
1つ目と2つ目の例文は文字通り「予算を超えている」という英語表現です。

「range」は「範囲」という意味です。
「私の(予算の)範囲外」ということです。

また「afford」を使うこともできます。
英語の例文です。

 I can't afford this/it.
 (私はこれ/それを買うお金がありません。)

「afford」は「余裕がある」という動詞です。
「afford to 動詞」で「〜をする余裕がない」という意味ですが。
目的語に名詞を直接置くと「〜を持つ余裕がない」という意味になります。

ちなみに「affordable」は「入手可能な」という意味ですが、
そこから「お手ごろな」という意味で「reasonable」のように使われることがあります。

最後にもう1つ紹介します。
かなり直接的な英語表現なのでわかりやすいと思います。

 I have no money for a car.
 (車を買うお金がありません。)




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300305683

この記事へのトラックバック