全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年10月07日

customer,client,guestの違い



  

今回は「customer」「client」「guest」の違いをまとめてみました。
どれも「客」という意味の英語です。
日本語でも「カスタマー」「クライアント」「ゲスト」というように
馴染みのある単語だと思います。

「guest」は簡単に区別できますが、
「customer」「client」の違いはなかなか微妙なようです。

guest

これは「招待客」を意味する英語です。
お客さんは基本的に招待されています。
たとえば、パーティーやテレビ出演に招待された人などです。

例外としては、ホテルの客も「guest」を使います。
ホテルは特に招待してるわけではありませんが「guest」になります。
「ゲストハウス」という言葉もありますね。
ホスピタリティを提供しているので、
それを受ける人という意味で「guest」なのかもしれません。

「guest」はなんとなく「おもてなしの心」がこめられている気がします。
例えば以下のような英語表現があります。

 Be my guest.
 (どうぞご自由に)

customer

「customer」を一番イメージしやすいのはショッピングをしているお客さんです。
「client」と比べると以下のような客を指すことが多いです。

・一回きりのお客さん(継続的にやりとりをしない客、不特定な客)
・物やサービスを購入するお客さん
・一般人に多い


例外になるかどうか分かりませんが、
保険の契約者などもカスタマーを使うようです。
対お客さん向けの部署をカスタマーサービスセンターなどと言いますね。
保険契約者は継続的にやりとりをするお客さんですが、「customer」を使うようです。

client

より専門的な職業のお客さんです。
一番有名なのは弁護士の顧客です。
「customer」に比べると以下の使い方をします。

・継続してやりとりするお客さん
(長期間にわたり利益を受け取る客、利益の保護を受けてる客)
・ビジネス的な関係を持ちやすい(ビジネスパートナーなど)
・一般人に加えて、企業も「client」になりうる
・より専門的な職業の顧客



以上が「guest」「customer」「client」の違いです。
但し、他の英語に漏れず例外はあるようですので、絶対的な違いというわけではありません。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296158291

この記事へのトラックバック