全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年09月26日

海外ドラマで英語学習 - ヤング・スーパーマン(4)



  

ヤング・スーパーマンで英語学習。
またまた久しぶりの更新です。
更新頻度は遅いですが、最後まで必ずやります。

では第4回からの英語表現です。


■ This definitely takes the cake.
  (今回のがダントツだな。)

「take the cake」で「抜きん出ている」「並外れている」という意味です。
但し、あまりいい意味ではなく、皮肉の意味合いが込められている場合がありますので、
使うときは注意が必要です。


■ The genie will be out of the bottle, 〜
  (化けの皮がはがれるぞ。)

これはこのまま覚えてしまっていいでしょう。
「the genie is out of the bottle」で「取り返しのつかない状況に陥ってしまった」という意味です。
「genie」は「魔人」という意味で、直訳すると「魔人が瓶からでてくる」となります。
つまりアラジンと魔法のランプのように、「魔人を呼び出してしまった」ということです。
面白い英語表現ですね。


■ You must be seeing things.
  (見間違えよ)

「be seeing things」で「幻を見ている」という意味になります。
これもこのまま覚えてしまいましょう。


■ Can I fix you a drink?
  (飲むか?)

「fix」というと「固定する」もしくは「修理する」というイメージが強いですが、
「用意する」「作る」という意味もあります。
ここでは相手に「お酒を作ってあげようか?」と言っているわけです。


■ Just perceptive, I guess.
  (勘だよ)

「perceptive」は「知覚の鋭い」「鋭敏な」という意味の英語です。
「just」と組み合わせてますが、この単語1つで「勘だよ」と表現してしまっています。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック