全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年08月26日

語尾が「-ee」と「-er」の単語



  

例えば「雇用主」は、英語で「employer」ですが、
雇用される側は「employee」と言います。

このように語尾が「-er」で終わると動作をする側となり、
「-ee」で終わると動作をされる側となる単語があります。

いくつか例として挙げてみます。
(関連する英語も一緒に載せておきます。)

employ(雇用する)
employment(雇用)
employer(雇用主)
employee(雇用される人)

interview(インタビューする、インタビュー)
interviewer(インタビューする人)
interviewee(インタビューされる人)

nominate(推薦する、任命する)
nominator(推薦者、任命者)
nominee(推薦される人、任命される人)

train(訓練する)
trainer(訓練する人)
trainee(訓練を受ける人)


語尾に「-ee」が付くと、少し英語らしくないですが、
この他にもまだありますので、興味があれば調べてみてください。

ちなみにアクセントは一番最後の「-ee」の部分になります。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック