全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年06月30日

「貸す」「借りる」の英語(borrow, lend, rentなどの違い)



  

今回は「貸す」と「借りる」に関する英語を調べてみました。

「借りる」は「borrow」「rent」「hire」「lease」「charter」があります。
「貸す」は「rent」「lend」があります。

borrow

まず「borrow」ですが、これは無料で借りる場合に使います。
英語の例文です。

 Can I borrow your dictionary?
 (あなたの辞書を貸してもらえませんか?)

このように無料の場合に使われますが、
お金自体を借りる場合にも使われます。

 I borrowed 50 dollars.
 (私は50ドル借りた。)

rent

この単語は少しややこしいのですが、
「借りる」と「貸す」の両方の意味があります。

借りる場合は、

 rent A from B
 (BからAを借りる)

貸す場合は、

 rent A to B
 rent out A to B
 rent B A

 (AをBへ貸す)

となります。

「貸す」という意味で使った場合、
期限が決まってなく、比較的短期で貸す場合が多いそうです。
例としては、ビデオ、レンタカー、レンタルコートなど一時的に借りるものに使われます。

イギリスでは次の「hire」を使うことが多いそうです。
またアメリカでは長期の場合に使われることもあるそうです。


hire

これは「rent」とほぼ一緒ですが、
「hire」は主にイギリスで使われます。

またアメリカとイギリスでは以下の英語の意味が少し異なります。

 hire a car

これは「車を借りる」という意味ですが、
アメリカですと運転手付きになるそうです。
「hire」には「人を雇う」という意味があるからだと思います。


lease

これも「借りる」という意味ですが、
こちらは長期のものに対して使われます。

またどちらかというと、きちんとした手続き(契約書など)を踏むことが多く、
期間が決められています。
そのため期限前に解約すると残りの期間分を払わなければいけなかったりします。

さて英語の例文です。

 We need to lease some computers.
 (我々はコンピュータを借りる必要がある。)

この英文の「lease」を「rent」にすると、
一時的(短期)に借りる意味になります。

「lease」は会社の契約時に使われることが多いと思います。
日本でも「リース」という言葉がありますが、それに近い感じでしょうか。
(すいません、日本での「リース」の定義がよくわかっていません。)


charter

これは日本のチャーターという言葉とほぼ同じだと思います。
飛行機、船、バスなどを(特に団体で)貸し切る場合に使います。
英語の例文です。

 We chartered a boat.
 (私たちはボートを貸しきった。)


lend

これは無料で「貸す」場合に使われます。
英語の例文です。

 Can you lend me your dictionary?
 (あなたの辞書を貸してもらえませんか?)

 Can you lend your dictionary to me?
 (同上)

また受動態で使われることもあります。

 Your dictionary was lent [to] me.
 (あなたの辞書を貸してもらった。)


以上、「貸す」「借りる」を意味する英語です。

基本的にただで友達と貸し借りする場合は、
「borrow(借りる)」と「lend(貸す)」を使えばよいでしょう。

また家を借りる場合ですが、
上記の説明から考えると、
長期かつ期限ありなので「lease」となりますが、
賃貸用の看板で「for rent」とあるように「rent」も使われるようです(特にアメリカ)。

正確な理由は不明ですが、
もしかしたら「rent」だと短期の月極めとかなのかもしれません。
あとはアメリカですと「rent」は長期でも使われるということなので、
そのせいもあるのかも。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック