全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年06月22日

universityとcollegeの違い



  

「大学」を英語で表現する場合、
「university」と「college」がありますが、
両者の違いをご存知でしょうか?

実は私もあいまいだったので、調べてみました。
検索してみると、たくさんの記事が出てきました。
特に英語の記事に詳しい説明が書いてあり、全文読むのも嫌になるくらいです。

一度「university college difference」で検索してみてください。
いっぱい出てきます。

というわけで、全部理解するのは面倒になってしまったので、
大まかな違いだけに留めておきます。

一番多くいわれるのが、単科大学か総合大学かの違いです。
でも、そもそも単科大学、総合大学とは何でしょうか?

wikipediaによると、
単科大学は「単一の学問領域を教育・研究する大学」で、
総合大学は「様々な学問領域について教育・研究する大学」のことだそうです。

「複数の学部があっても、人文科学・社会科学・自然科学のうち、
1つの領域を専攻していれば単科大学、2つの領域を専攻していれば複合大学、
3つの領域を専攻していれば総合大学」だそうです。

英語にすると、単科大学が「college」で、総合大学が「university」です。
より専門性の高いのが「college」と言えるでしょう。

ただ、日本では単科大学と総合大学の法律上の分類はなく、
明確な定義もないとのことです。

また世界各国でも定義が異なったりするので、使い方はさまざまなようです。
「college」の集合体が「university」だなんて意見もありました。
アメリカでは、両者をあまり区別なく使っているようです。

また「college」は「大学」という意味だけではありません。
以下のような意味があります。
・専門学校
・各種学校(理容学校やXXX養成学校など)
・研究所
・私立中等学校
・総合大学の1学部
・団体、教会、学会

日本でもビジネススクールなどでカレッジという名前を使うことがありますね。

「college」は「university」に比べると、
規模が小さく、より専門的なのです。

ちなみに「college」の語源は「仲間(colleague)の集まり」、
「university」は「(学者と学生)が1つに(uni)回る(verse)ところ(ity)」だそうです。

まとめると、
・「college」は規模が小さく専門的(大学以外にも使う)
・「university」は規模が大きく多様な学問を扱う
・国によって定義がかなり異なる(アメリカではほぼ同義で使える)


個人的には、各国で定義が異なるので、
あまり単科・総合の区別とかを、あまり深く考える必要はないと思います。
日本の分類に照らし合せてもしょうがないですから。

日本人が一般的な大学を英語言う場合、
ほぼ「university」を使っておけば問題ないかと思います。

この手の話は、英語の記事も含めてたくさんありますので、
もっと深く知りたい方は一度調べてみてください。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 23:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカで大学(修士)を卒業したという時に、University を使うことはないです。普通は College と言います。

Steve Jobs のStanford University でのスピーチです。ご参考までに。
http://www.youtube.com/watch?v=D1R-jKKp3NA
Posted by 通りすがり at 2013年07月10日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック