全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年04月16日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(18)



  

最近の英語の勉強はリスニングに力をいれてます。
テレビでもインタビューとか日本語字幕を見ないようにしています。

ではフレンズ第18回からのピックアップです。
今回はポーカー用語が多かったです。


■ High stakes! Big buck!
  (さぁ本番よ)

ポーカーをしてるときのセリフです。
「stakes」は「賭け金」のことです。
複数形で使います。
よく競馬でステークスなどと言いますね。

次の「buck」ですが、
「ドル」という意味がありますが、
ポーカー用語で「札」の意味もあるそうです。
ここでは「big」と組み合わせてるので「ドル」という意味でしょうか。


■ I was bluffing.
  (ブラフだよ)

「bluff」は「はったりをする」という意味の英語です。
日本語訳も「ブラフ」になってるのでポーカーの用語らしいです。
「ブラフ」というドイツのボードゲームもあるらしいですよ。


■ We've got to settle.
  (ならお金を)

「お金を清算しよう」という意味です。
「settle」は「解決する」など多くの意味を持ちますが、
ここでは「清算する」という意味で使われてます。


■ Guess what?
  (何があったと思う?)

直訳で「何かを推測してください」ですが、
「聞いてくれない?」とか「ねぇ、知ってる?」みないな意味です。
定型の英語フレーズですので、このまま覚えてしまいましょう。


■ I beg to differ.
  訳無し

この英語は日本語訳がありませんでしたが、
「お言葉を返すようですが。」と言うときの定型文です。
自分の意見と異なる場合に使います。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック