全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2012年03月27日

英語の発音に重要な「あいまい母音」



  

英語の発音を練習するとき、
まず意識するのが「R」の発音、「th」の発音、「f」の発音などでしょう。

しかし意外に重要なのがaimai.pngの「あいまい母音」です。
この発音記号はタイプできなかったので、画像で恐縮ですが、
アルファベットの「e」を左右逆にしたものです。
「シュワー」とも呼ばれるようです。

一般的にこの記号の発音方法は、
自然な口構えで「ア」「イ」「オ」「エ」でもないあいまいな音を出すと言われてます。

たまに日本人で英語が話せる人の発音は、非常にハッキリしていることがあります。
とてもクリアな発音で聞き取りやすいのですが、
やはりネイティブの発音と比べると何か違います。

あくまで個人的な意見ですが、この違いはaimai.pngの発音にある気がします。
とてもクリアに発音するより、
少し発音をあいまいにした方が英語っぽくなると思うのです。

この発音は、例えば以下のような英語に使われています。
発音記号はタイプできなかったので、オンライン英和辞書などで確認してみてください。
※太字がaimai.pngが発音される箇所

 famous
 tradition
 better
 travel
 japan

では、どのように発音するかというと、
これまた個人的な考えですが、
aimai.pngの記号の箇所は、なるべく何も発音しないように努力してみましょう。

もしくは口を動かさないで小さい声で「ゥ」の発音にしてみましょう。
日本語の「ウ」と違い、口をすぼめないで控えめに「ウ」です。
但し、あまり「ウ」を強調すると変な発音になってしまうので注意です。

例えば「famous」だと、
カタカナで恐縮ですが「フェイマス」が「フェイムス」みたいになると思います。
「tradition」も「トラディション」が「トルディシュン」みたいに。

aimai.pngを発音しないようにすると自然と上記のような発音になると思います。
最初のうちは慣れませんが、
使い続けていくうちに意識しないでも発音できるようになります。

あまり注目されない発音ですが、
この発音を覚えると、少しはネイティブに近い英語になるので、ぜひ練習してみてください。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 15:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
リンガルボックスという発音重視のオンライン英会話スクールを運営している手島と申します。

リンガルボックスでは曖昧母音(Shewa)も含め、イントネーションやリズムなども学べる発音コースを提供しています。
宜しければ是非お試し下さい。

http://ja.lingualbox.com
Posted by 手島淳裕 at 2013年04月28日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260451440

この記事へのトラックバック