全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年11月07日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(13)



  

かなり前から気づいてましたけど、
実際に話してる英語と字幕の英語は必ずしも同じではないですね。
たまに混乱するときがあります。

では13回からのピックアップです。

■ Back up there, sparkey.
  (聞き捨てならんぞ。)

「back up」は「後退する」「戻る」という意味ですが、
直訳すると「そこまで戻れ。」になります。

つまり「話を戻そう」ということです。
意訳で「聞き捨てならんぞ」になってます。

別の場面でも似たようなセリフがありました。
モニカの発言です。

 Go back to that "sibling" thing.
 (その話、詳しく)

直訳すると「”妹”のこと(話)まで戻して。」です。

■ I don't know you from Adam.
  (初対面だが、境遇は分かる。)

この日本語訳はとりあえず無視してください。
「not know a person from Adam」で「全く面識がない・知らない」と言う意味です。
ほぼ、そのまま使ってます。

この英語表現の起源はわかりませんが、
「アダムの時代から知らない」->「完全に知らない」ということでしょうか。

■ It's vinyl...
  (長イスはビニールなの)

「vinyl」は見慣れない英語だと思ったら「ビニール」のことでした。
発音は「ヴァイナル」ですので、ご注意を。

■ For God's sake, Joey!
  (余計なことを。)

これは定型の英語フレーズとして、このまま覚えてしまいましょう。
「お願いだから」「冗談じゃないよ」という意味です。
直接「God」を使わず、「goodness」や「Pete」を使うこともあるようです。

■ They have a liking problem with you...
  (でも仲間たちが、あなたに関する問題を、、、)

「liking」は最初「linking」と見間違えたのですが、
どうやら「like」の派生語のようです。
「liking」は「好み」「嗜好」という意味です。

ここでは直接嫌いと言わずに、婉曲的に嫌っていることを伝えています。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234060071

この記事へのトラックバック