全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年11月06日

前置詞を利用した英語表現



  

英語には関係代名詞というものがあり、
名詞の補助的な説明を加えたい場合などに使われます。

しかし英語を書く場合はともかく、会話中に関係代名詞を使うのは、
少し煩わしいことがあります。

そのようなときに前置詞を使うことで、もっと簡潔に説明できます。

■with
例えば「with」を使った場合、

 I saw the man with the blue cap.
 (青い帽子をかぶった男を見ました。)

 There is the woman with the red umbrella.
 (赤い傘を持った女性がいます。)

 He lives in the house with the yellow door.
 (黄色いドアがある家に住んでいます。)

このように「with」を使うと、
何かを身に着けていたり、所有していたりすることを表現できます。

上記の英語の一部を関係代名詞にすると、

 the man who is wearing the blue cap
 the woman who is having the red umbrella
 the house which has the yellow door


などとなりますが、前述の例のように前置詞だともっと簡潔になります。

その他の前置詞も同様の使い方ができます。
それぞれ紹介します。

■in
場所を示したり、服を身に着けていたりする場合などに使われます。
まずは場所の例文です。

 I have a friend in London.
 (私はロンドにに友達がいます。)

上記は関係代名詞だと「a friend who lives in London」になります。

次に服を身に着けている場合です。

 Is your friend the woman in the pink dress?
 (あなたの友達は、ピンクのドレスを着ている女性ですか?)

「with」も何かを身に着ける場合に使われますが、
こちらは帽子や小物(アクセサリ)などに使われやすいです。

■by
近くに存在するという場合などに使われます。
英語の例文です。

 I know the man by the window.
 (窓の近くにいる男を知っています。)

これは関係代名詞だと「the man who is by the window」になります。

■from
出典・引用などに使われます。

 This is a quote from the English book.
 (これはその英語の本からの引用です。)


私も全部は把握してないので、
おそらく、ここで紹介したのはほんの一例かと思います。
他の前置詞もあるかと思いますので、一度調べてみるとよいかと思います。

よく見かけるのは「with」を使った所有の英語表現でしょうか。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233852134

この記事へのトラックバック