全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年11月01日

禅を英語で学ぶ



  

先日スティーブ・ジョブズが亡くなりましたが、彼は禅に傾倒していたそうです。

このブログで、日本について英語で学ぶという記事をいくつか書いていますが、
前々から禅についても知りたいと思っていました。
そんなとき本屋で、禅を英語で解説する本を見つけましたので紹介します。

「英語対訳で読む禅入門」
尾関宗園 監修
Elizabeth Mills 英文監訳




この本の中では、禅と何か、禅の歴史、座禅の仕方などを
英語と日本語の両方で解説してくれます。
禅と関わりある人物としてスティーブ・ジョブズも紹介されています。

読んだ感想としては、やっぱり禅は難しい。。
禅とは、かなり抽象的なものなので、理解するにはかなり時間がかかりそうです。

「深夜特急」の著書沢木耕太郎は、アジアを旅する中「禅とは何か?」と外人に聞かれ、
「being on the road」と答えたそうです。
この答えが正解かどうかは別として、
もし私が同じことを聞かれたら、ちゃんと答えられるのでしょうか。

世界でも禅に興味がある人はたくさんいるみたいです。
日本人として説明できるように(なおかつ英語で)なっていたいものです。

私は読んでいませんが、禅を世界に広めた鈴木大拙の本もあります。
アメリカで行った3つの講演が英語と日本語で書かれています(CD付き)。

「大拙 禅を語る―世界を感動させた三つの英語講演(CDブック)」
鈴木 大拙




日本では知ってる人はあまり多くないかもしれませんが、
鈴木大拙という人は英語で禅を世界に広めたすごい人なのです。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック