全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年10月30日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(12)



  

フレンズシーズン1もやっと半分まできました。
ここまで約4ヶ月かかりました。
フルハウスのときよりペースが遅いです。。

■ Do you know that right now your baby is only this big?
  (赤ん坊はまだこの大きさだ。)

ロスの元妻が赤ちゃんを身ごもったので、
ジョーイがロスにこう言いました。

「このくらいの大きさ」というのを「this big」で表しています。
「this」は「こんなに」という使い方だと思います。
「big」は形容詞ですので、直訳すると「こんなに大きい」になる感じでしょうか?

■ Everything's A-OK.
  (すべて順調だ。)

「A-OK」は見慣れない英語ですが、
「正しい」「完全な」などの意味があります。

A-OKの由来ですが、いくつか説があるようで、

 All systems OKの略
 AはA1(最高の意味)の略 + OK
 NASAのエンジニアが使い出した

というように確実なソースは見つかりませんでした。

■ Your 4:00 herbal massage has been pushed back to 4:30.
  (ハーブマッサージは4時半から)

マッサージの時間が4時から4時半に変更になったときのセリフです。
「be pushed back to 〜」が面白い英語表現だと思いました。
辞書には載ってませんでしたが、言いいたいことはわかります。

■ Paolo made a pass at me.
  (パウロに迫られた。)

フィービーがパウロに迫られたときのことを話している場面です。
「make a pass at 〜」で「女性に言い寄る」「モーションをかける」という意味です。

直前のセリフで次のような英語もありました。

 He made a move on me.
 (迫られたの)

これは辞書にありませんでしたので、
文字通り「自分のところに移動してきた」という意味なのかもしれません。

■ I'm out of sorts.
  (不機嫌なだけ)

「out of sorts」で「気分が悪い」「機嫌が悪い」などの意味です。
「sort」は「種類」「性質」「品質」などの意味がありますが、
それから外れたということから来ているのでしょうか?




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232742885

この記事へのトラックバック