全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年10月18日

聞き取れなかった箇所を英語で聞き返す方法



  

ネイティブスピーカーは英語を話すのがとても速く、
ときには聞き取れないこともあると思います。

全く聞き取れなかったときや、もう一回言ってもらいたいときは、
次のような英語になりますが、

 Sorry?
 Pardon?
 Could you repeat that?


部分的に聞こえなかった場合、
その場所だけ聞き返す表現方法があります。

例えば、相手が次のように言った場合、

 He bought a car.
 (彼は車を買いました。)

「car」の部分が聞こえなかったとします。
この場合、次のような英語で聞き返します。

 He bought what?
 (彼は何を買ったんですって?)

このように、聞き取れなかった箇所を疑問詞にしてしまえばよいのです。
もちろん、普通の聞き方で、

 What did he buy?

としてもOKです。

この分からなかった箇所を疑問詞に置き換える方法は、とても便利です。
以下の英語の例文のように、さまざまな場所を置き換えることができるからです。

[相手の言葉]

 I studied English.
 (私は英語を勉強しました。)

[聞き返す言葉]

 You studied what?
 (何を勉強したって?)

 You did what?
 (何をしたって?)

 You what?
 (同上)

現在進行形の場合も同様に使えます。
英語の例文です。

[相手の言葉]

 I'm studying English.
 (私は英語を勉強しました。)

[聞き返す言葉]

 You're studying what?
 (何を勉強してるって?)

 You're doing what?
 (何をしてるって?)

 You're what?
 (同上)


さて、ここまで「what」を使った方法を紹介しましたが、
他の疑問詞を使うこともできます。
いくつか例を挙げます。

■whenの例
[相手の言葉]

 I'm leaving at 12:00.
 (12時に出ます。)

[聞き返す言葉]

 You're leaving when?
 (何時に出るって?)

■whereの例
[相手の言葉]

 I'm going to the park.
 (公園へ行きます。)

[聞き返す言葉]

 You're going where?
 (何時に出るって?)

■how muchの例
[相手の言葉]

 I paid $100.
 (100ドル払いました。)

[聞き返す言葉]

 You paid how much?
 (いくら払ったって?)

このように分からなかった部分は、
そのまま疑問詞に置き換えることができます。

通常の疑問文の形にしてしまってもいいですが、
途中までは相手が言ったことを繰り返せばいいので、
通常の語順の方が楽だと思います。

日本人は相手に悪いと思って聞き返さないことも多いですが、
英語が聞き取れなかった場合は、遠慮せずに聞き返しましょう。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230996070

この記事へのトラックバック