全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年10月12日

海外ドラマで英語学習 - フレンズ(10)



  

回数が増すにつれ面白さが増しているフレンズです。
でも相変わらず英語が速い。。

では第10回からのピックアップです。

■ We make a pact.
  (約束です。)

日本語訳には出てきませんでしたが、
「pact」という英語を使って「約束する」を表現しています。
「pact」自体は「約束」「契約」「協定」などの意味があります。

 make a pact

で「契約する」「約束する」です。

この「pact」はドラマ中何回か使われていました。

 You'll break the pact.
 (協定破りだ。)

「約束する」という英語は「promise」だけではないんですね。


■ And while Daryl Hannah is beautiful in a conventional way.
  (ダリル・ハンナはいわゆる美人だけど−)

この文のポイントは

 「in a conventional way
 
です。

「conventional」は「型にはまった」「平凡な」という意味の形容詞です。
ここでは「way」と組み合わせて「いわゆる」という訳になってます。

ちなみにダリル・ハンナはアメリカの女優です。


■ He is very methodical.
  (堅いのよ)

「methodical」は、「整然とした」という意味の英語ですが、
人物に使われると「きちょうめんな」という意味になります。

名詞形の「method」は「方法」という意味で知られていますが、
こちらも「きちょうめんさ」という意味があります。


■ There's no room for milk.
  (ミルクが入らないよ)

レイチェルがコーヒーを持ってきてくれたのですが、
カップぎりぎりに入っていて、
ミルクを入れるスペースがないという不平のセリフです。

「room」は「部屋」だけでなく「空間」という意味があります。
そもそも、原義が「空間」だそうです。
「make room for 〜」だと「〜のために場所を空ける」となります。


■ He keeps shutting me out.
  (僕を無視する。)

直訳ですと「彼は私を締め出したままにする」です。
「無視する」というと「ignore」が思いつきますが、
あえて使わずに「shut ... out」を使っています。

「keep」と組み合わせることによって、
その状態が続いていることを表現しています。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230126235

この記事へのトラックバック