全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年09月13日

計算に関する英語表現(足す、引く、掛ける、割る)



  

今回は計算に関する英語表現を紹介します。
あまり一度に多く覚えると大変なので、
とりあえず今回は「足す」「引く」「掛ける」「割る」だけに絞ります。

なお、それぞれの計算方法は英語で以下のように言います。

 足し算 addition
 引き算 subtraction
 掛け算 multiplication
 割り算 division


それでは、さっそく英語でどのように表現するのか見てみましょう。

@足す

日本語でも有名な「プラス」を使います。

 Three plus eight is eleven.
 (3+8=11)

「is」は「equal」でもOKです。

 Three plus eight equals eleven.

その他「make」も使えます。

 Three plus eight makes eleven.

A引く

こちらは「マイナス」を使います。

 Ten minus eight is two.
 (10−8=2)

同じく「is」は「equal」でもOKです。

 Ten minus eight equals two.

その他「take away」や「from」も使えます。

 Ten take away eight is two.
 Ten from eight is two.


B掛ける

掛けるは「multiply」という英語を使います。

 Five multiplied by three is fifteen.
 (5×3=15)

その他「times」も使えます。

 Five times three makes fifteen.

「make」は「equals」「is」でも大丈夫です。

C割る

割るは「divide」という英語を使います。

 Five divided by two equals two.
 (5÷2=2)

「divide」以外の方法は見つかりませんでした。
ちなみに、余りは「reminder」だそうです。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になりました。

ちなみに、
割り算の「余り」は、
remainder
のようです。
Posted by に at 2016年09月19日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック