全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年09月12日

「〜を携帯する」を英語で



  

外出中などに何か持ち運んでる(携帯している)場合、
英語では「carry around」を使います。

例文です。

 You have to carry around your identity card in the office.
 (オフィスでは身分証明書を携帯しなければなりません。)

 I carry around a personal pair of chopstics.
 (私は自分の箸を持ち歩いています。)

 Laptop computers are easy to carry around.
 (ノートパソコンは持ち運びが簡単です。)

「carry around」は「carry about」でもOKです。
英語の例文です。

 I always carry small change about with me.
 (私はいつも小銭を持ち歩いています。)

目的語の位置は、以下のどちらでも可能です。
(代名詞の場合は前者)

 carry 目的語 around
 carry around 目的語

もともと「carry」は「運ぶ」や「持っていく」という意味があるせいか、
「carry」単体で使われる場合も多いようです。

また「carry」という英語は、意外にたくさんの前置詞と組み合わさって使われます。
有名どころだと、

 carry on 〜(〜を続ける)
 carry out 〜(〜を実行する。)
 carry over 〜(〜を持ち越す)


などがあります。
最後の「carry over」は日本語でもキャリーオーバーなどと言いますね。

一気に覚えるのは大変なので、少しずつ覚えていきましょう。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック