全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年08月21日

時を尋ねる英語表現



  

今回は時を尋ねる英語表現をまとめてみました。

それほど難しい英語ではないので、知ってる方には簡単すぎるかもしれませんが、
会話時に意外と出てこなかったりします。

まずは時間を尋ねる表現です。
これは簡単すぎますね。

■ 時間を尋ねる

このフレーズはほとんどの方が知ってると思います。

 What time is it?
 (何時ですか?)

次のような英語を使う場合もあります。

 Do you have the time?

直訳すると「時間を持ってますか?」ですが、
これで「何時ですか?」という意味になります。

ちなみに、

 Do you have a time?
 (時間ありますか?)

のように冠詞を「a」にすると意味が変わってくるので注意です。


■ 日にちを尋ねる

これは「day」を使ってしまいそうですが、「date」を使います。

 What's the date today?
 (今日は何日ですか?)


■ 月、年を尋ねる

この月と年の2つは似てるので、まとめて紹介します。
次のような英語になります。

 What month is it?
 (何月ですか?)

 What year is it?
 (何年ですか?)

「now」とか「today」とか付けてしまいそうですが、
つけなくても通じます。


■ 曜日を尋ねる

これは「day」を使います。
先ほども説明しましたが、「day」は日にちではなく曜日に使います。

 What day is it?
 (何曜日ですか?)

次の英語もOKです。

 What day is today?


以上が時を尋ねる英語表現ですが、
これらの質問に対する返事のほとんどは「It's 〜」の構文が使われます。

 It's ten o'clock.
 It's the 12th of November.
 It's July.
 It's 2012.
 It's Sunday.





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック