全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年08月06日

形容詞が伴うと不定冠詞(a/an)がつく英語



  

英語の冠詞には、
定冠詞(the)、不定冠詞(a/an)、無冠詞の3パターンがありますが、
普段は無冠詞なのに、形容詞を伴うと不定冠詞がつく名詞があります。

例えば、「rain」「snow」などの天候を表す名詞がその例です。
次の英語をみてください。

 It looks like rain.
 (雨が降りそうです。)

 Snow began falling.
 (雪が降り始めた。)

「rain」や「snow」は不可算名詞ですので、名詞には何も冠詞がついてません。
ところが、形容詞を伴うと不定冠詞(a/an)がつくことがあります。
英語の例文です。

 There was a heavy rain yesterday.
 (昨日は激しい雨でした。)

 A light snow fell in the morning.
 (朝に少し雪が降りました。)

なぜ冠詞がつくのかは、わかりませんが、形容詞が伴うことによって、
名詞が具体化し、抽象的なものが「1つのもの」になったのかもしれません。

似たような英語は他にもあります。
それは「breakfast」「lunch」「dinner」です。
これも英語の例文でみてみましょう。

 I had lunch.
 (昼食をとりました。)

 I had a great lunch.
 (すばらしい昼食でした。)

さきほどと同様、形容詞と伴に「a」がついています。

形容詞が伴うと必ず冠詞がつくとは限らないようですが、
つくケースの方が多いようです。

他にもこのような名詞があるかもしれません。
ややこしいですね。。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冠詞(aとthe) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218786237

この記事へのトラックバック