全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年07月04日

英会話スクールを利用する



  

「英語を話せるようになること」を目標にしてる人にとって、
できるだけ話す機会を作ることが重要だというのは、
誰もが思ってることだと思います。

英会話スクールは、費用は高いですが、話す機会を得るもっともメジャーな手段の1つです。
今回は英会話スクールの活用方法を列挙しながら紹介してみたいと思います。


1.講師固定でマンツーマンがおすすめ

講師固定であれば、自分の癖や弱点など分かってもらえるので、的確なアドバイスがもらえます。
毎回講師が変わると、さまざまな英語が聞けるメリットがある反面、
毎回自己紹介で終わってしまう可能性があり、せっかくの高い授業料が無駄になってしまいます。
またグループレッスンですと、恥ずかしがったり、生徒同士のレベルが違ったり、
遠慮して自分のペースに進められないことがありますので、
英語友達を作ることが目的でない限り、マンツーマンがおすすめです。

2.自分のペースに引き込む

講師によっては、進め方が下手だったり、ほぼ雑談で終わってしまうケースがよくあります。
そういう場合は疑問・質問をぶつけて、自分のペースに持っていくのもいいでしょう。
英語表現の使い方などを聞くと、意外と熱心に教えてくれます。
また自分でレッスンの進め方を提案してみるのもいいかもしれません。

3.間違いは訂正してもらうように頼む

講師によっては、間違いを恐れずに話すことが大事だと考えてる方が多いので、
間違ってても、あえて訂正しない方がいます。
やさしい人なのでしょうが、間違った英語は誰かが直してくれなければ
永遠に使いつづけてしまうので、訂正してもらえるようにお願いしましょう。

4.講師の表現を盗む

余裕があれば講師が話すときに、どのような英語表現を使っているかチェックしてください。
表現を真似して自分のものにしてしまいましょう。

5.話せなかった表現はあとでチェックする

レッスン中に話せなかった英語表現は、あとでチェックするようにしましょう。
レッスン中は緊張してることが多いので、あとでは思い出せないかもしれませんが、
1つでも2つでも覚えておけば、次から使える表現になります。


英会話スクールは高額なので、なかなかハードルが高いかもしれませんが、
利用の仕方によっては、それなりの効果はあると思います。
最近は低価格なオンライン英会話もあるので、試してみてもいいかもしれません。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック