全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年06月23日

travel/trip/tour/journey/voyageなどの違い(旅行に関する英語)



  

「旅行」を英語にすると、さまざまな単語が思い浮かびます。
今回は、旅行に関する英語をまとめてみました。

先に言ってしまいますが、この英語も結構定義があいまいで、
辞書やネット上で調べても定義がまちまちでした。
また地域によっても定義が異なるようです。
よって、私なりにまとめたものだということをご了承ください。


travel
主に外国旅行のような長距離の旅行に使われます。
実は名詞で使われることは少なく、動詞で使わることが多いです。

 I will travel to America this summer.
 (私はこの夏アメリカに旅行します。)

名詞で使われる場合は、通例複数形で使われます(特に長距離旅行のとき)。

 I enjoyed my travels in America.
 (アメリカ旅行を楽しみました。)

trip
主に短い旅行に使われます。
ただしアメリカでは長期・短期どちらにも使われるようです。
また同じ場所に戻ってくる旅行(周遊旅行?)と定義してる情報もあり。

travelとtripの違いが微妙ですが、
動詞を使う場合travelで、名詞を使う場合tripという使い分けでいいような気がします。
海外旅行の場合もtripを使ってる英語の文章を多く見たことがあるので、
あまり短期・長期は気にしなくても通じるのではないでしょうか。

よく使うので英語の例文をのせときます。

 I'll take a trip to America.
 (アメリカに旅行に行きます。)
 
 I'll go on a trip to France.
 (フランスに旅行に行きます。)

tour
組織化された計画的な視察・観光旅行。
ガイドがいることが多い。
複数の場所を訪れて見学したりします。
また、この英語は旅行に限らず、工場見学ツアーなどにも使われます。

journey
主に陸路の長期・長距離旅行に使われます。
同じ場所に戻ってくるとは限りません。

voyage
主に船旅に使われます。
宇宙船にも使われることもあります。

excursion
小旅行や遠足という意味です。
tripやtourの改まった言葉のようです。
私は海外旅行の際に、現地ツアーでこの英語を使ってるのを見たことがあります。


以上が旅行に関する英語です。
最後に、簡単な表を作成しました。


travel長距離旅行。
主に動詞で使用。
trip短期旅行。
同じ場所に戻ってくることが多い。
tour計画的な視察・観光旅行
複数の場所を訪れる。
journey主に陸路の長期・長距離旅行。
戻ってこないこともあり。
voyage主に船旅
excursion小旅行や遠足。
tripやtourの改まった言葉





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
受験時代にどう違うのか混乱したことを思い出しました。

参考になります。
Posted by 網野智世子 at 2011年06月24日 17:17
コメントありがとうございます。
私もよく悩んでしまいます。
自分なりにまとめると覚えられますね。
Posted by 英語ハナシタイ at 2011年06月26日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック