全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年06月20日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(22)最終回



  

ついに、フルハウスで英語学習も最終回になってしまいました。
最初の投稿が10月ですので、なんと8ヶ月もかかってしまいました。。
でも、あきらめずに最後まで終えたことはよしとします。

では最終話からのピックアップです。
今回は知らない英語がたくさんでてきました。

■ I'm out of school tomorrow.
  (明日サボるんだ。)

DJとキミーが学校をサボろうとしています。
直訳では「明日学校の外にいる」ですが、つまりサボるということです。

■ I bet you got away with all kinds of stuff.
  (学校もよくさぼってたんでしょ。)

これも間接的に「サボる」という表現です。
「get away with 〜」で「〜を罰を受けないでやってのける」という意味です。
「all kinds of stuff」で「あらゆるもの」という意味です。

実は訳されていませんが、このセリフのあとに次の英語が続きます。

 You probably ditched school a lot, huh?

「ditch」は「溝を掘る」という意味ですが、俗語で「サボる」という意味があります。


■ Can you save my place?
  (子供を見てくるね。)

これはかなりの意訳ですが、「場所をとっておいて」という意味です。
「save」に、座席や場所を「確保する」という意味もあるんですね。


■ This is so humiliating.
  (屈辱的だわ。)

「humiliating」は「屈辱的な」という意味です。
動詞形は「humiliate」で「〜に屈辱を与える」という意味です。

■ D.J. cut school to get Stacey Q's autograph.
  (サインが欲しくて学校をさぼったんだ。)

またまた「さぼる」という意味の英語です。
「cut school」で「学校をさぼる」になります。
また「cut a meeting」は「会議をすっぽかす」という意味になります。

「autograph」は、芸能人などの「サイン」を表します。
日本語で言う「サイン」の「sign」「signature」は「署名」という意味に
なってしまうので、注意してください。


さて、フルハウスでの英語学習は一旦これで終わりにします。
シーズン2などもありますが、また機会があればということで。

全体としては、かなり英語が速く、ついていくのが大変でした。
ただ最初の頃は全く聞き取れなかったのですが、
最後の方はやや少し、ついていけるようになった気がしないでもありません。
あまり実感はありませんが。。
もっと短期間でやっておけば、効果があがったかもしれません。

ボキャブラリのストックは、結構増えた気がします。
なにはともあれ、最後まで続いてよかった。
継続は力なり。

次はフレンズに挑戦したいと思います。
結構ネットでも英語の勉強に利用されてる方が多いというのと、
1000円(前半のみ)という安値で売ってたから、という理由です。

目標6ヶ月(笑)

では、また宜しくお願いします。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210917854

この記事へのトラックバック