全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年06月13日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(21)



  

今回も聞き取りやすい英語が多かったです。
ジェシーがエルビスプレスリーのものまねをしていました。


ではピックアップです。

■ Her hobbies are drooling and babbling.
  (趣味はよだれをたらすこと。)

ステフがミシェルをこう紹介していました。
「drooling」は「よだれをたらすこと」、「babbling」は「幼児の片言」という意味です。
幼児用に使われる英語って結構多いですね。

■ For the past five days, you've been sneaking in and out of this house.
  (この5日間何をコソコソしてるんだ。)

「For the past five days」で「過去5日間」になります。
「sneak」は「コソコソ歩く」。
「in and out」で「出たり入ったり」です。
発音は「イナナウト」のように聞こえます。

■ with not one word of explanation
  (何の説明もなく)

文章ではなくフレーズですが、
「with」を使って「何の説明もなく」を表現できます。
このような感じで、意外に「with」を使って、文章を補うことってよくあります。


■ We alternate ham, cheese, ham, cheese.
  (ハムとチーズを交互に重ねれば・・)

「alternate」は「〜を交互に変える」という意味です。
本来「alternate A and B」のように使うので、

 We alternate ham and cheese.

とするのでしょうが、ドラマ中はカンマでつなげています。
ちなみにパソコンのキーボードに「alt」キーがありますが、
これは「alternate key」の略です。


■ Because maybe I'm a little square.
  (僕は頭が堅すぎだ。)

「square」は「(真)四角」という意味ですが、
「堅物」という意味もあります。


次はいよいよ最終話です。
ここまでくるのは長かった。。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック