全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年05月27日

「〜することは可能ですか?」を英語で



  

例えば依頼などで、できるかできないかを英語で聞く場合、

 Could you 〜?
 Would you 〜?


がよく使われます。

また許可を求める場合は、

 Can I 〜?
 May I 〜?


などとします。

ただ、ごくたまに主語を何にすればよいか、
迷ってしまうケースがあります。

例えば、あるアーティストに代理人を通して絵画を依頼する場合、
「絵を注文することは可能ですか?」と言いたいとします。

この場合、英語にすると主語は「私」でしょうか?「あなた(代理人)」でしょうか?

 Could you order a painting?
 Can I order a painting?

上記のどちらか迷ってしまいますね。
(実際のところ両方OKかもしれません。)

このような場合、「possible」を使うと主語を意識しなくてもよくなります。

 Is it possible to order a painting?

このように形式主語「Is it possible to 〜」にすると、主語に悩まず表現できます。

もちろん、主語を明確にすることもできます。

 Is it possible for me to order a painting?

forの後に「人」を配置します。
「Is it possible for 人 to 〜」の形になります。

また「would」を使うと丁寧な表現になります。

 Would it be possible for you to order a painting?

以上のように形式主語で「possible」を使うと、
英語で主語を考えなくてもいいので、結構便利ですよ。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205036893

この記事へのトラックバック