全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年05月23日

see、look、watchなどの違い



  

以前「hearとlistenの違い」という記事を書きましたが、
今回は「see、look、watchの違い」です。
プラスアルファで「見る」に関連した英語も紹介します。

まず「hear」と「listen」の違いをおさらいです。
両者の違いは、

 hear  「自然に聞こえる」
 listen 「意識的に聞く」


のように意図的か、意図的じゃないかの違いでした。

「see」と「look」の違いもこれに似ています。

 see  「自然に見える」
 look 「意識的に見る」


「see」は「見える」と訳すように自然と目に入ってくる場合に使います。
英語の例文です。

 I saw her walking in the park.
 (私は彼女が公園を歩いているのを見た。)

 I see a bird in the sky.
 (空に鳥が見える。)

「look」は「(意識的に)見る」ときに使います。
英語の例文です。

 I looked at my watch to know exact time.
 (私は正確な時間を知るために時計を見た。)

 Look at the dog!
 (あの犬を見て!)

次に「watch」ですが、これは「観察する」という意味です。
動くものをじっと見る場合に使います。
英語の例文です。

 I watched the bird.
 (私は鳥を観察した。)

 I watch TV.
 (テレビを見ます。)

二つ目は、テレビ自体は動いていませんが、画像が動いているので「watch」を使います。
この場合「TV」は「テレビ放送」という意味の不可算名詞です。
受像機という意味では可算名詞となり、放送ではなく単に物を見ているので、
おそらく「look」を使うのではないかと思います。

 I look at a TV.(たぶん)

「watch」は、「バードウォッチング」や「ホエールウォッチング」とも
言うので分かりやすいですね。

「映画を見る」場合、「see」と「watch」の両方が使われるようです。

 see a movie
 watch a movie


なぜか前者は映画館で見る場合、後者は家で見る場合に使われます。
もしかしたら「see」は「go to see a movie」のように
「go」と一緒に使われる場合が多いので、「じっくり見る」ことよりも
「映画館に行って見る」というのを強調してるのかもしれません。
日本語でも「映画に行く」っていいますし。
映画館に着いた後は「watch a movie」になるのではないでしょうか。


その他、「見る」に関連する英語として、

 glance 「ちらっと見る」
 gaze  「(喜び、興味を持って)じろじろ見る」
 stare  「(驚き・恐れで)じろじろ見る」


 She glanced at me.
 (彼女はちらっと私を見た。)

 She gazed at me.
 (彼女はじろじろ私を見た。)

 She stared at me.
 (彼女は私をじっと見た。)

などがあります。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック