全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年05月19日

「〜しておけばよかった。」を英語で



  

「〜しておけばよかった」「〜すべきだった」のように
後悔の念を英語で表す場合、助動詞の「should」を使います。

但し、そのまま「should」を使うと、
以下のように義務などの意味にしかなりません。

 I should study English.
 (私は英語を勉強すべきです。)

「〜すべきだった」と過去形にするにはどうしたらよいのでしょうか?
「should」はすでに「shall」の過去形なので、
これ以上変形することはできません。

このような場合、現在完了の「have」と組み合わせます。

前述の英文を直してみると、

 I should have studied English.
 (英語を勉強しておけばよかった。)

となるわけです。
動詞の部分は過去分詞になります。

もう少し英語の例文を紹介します。

 I should have told you.
 (あなたに言っておくべきだった。)

 I should have done it.
 (それをすべきだった。)

 I should have called you in advance.
 (事前にあなたに電話しておけばよかった。)

「should have」となっていますが、実際の会話では「should've」となり、
「シュドゥヴ」のように発音します。

なるべく、この表現は使わないようにしたいですね。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック