全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年05月17日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(18)



  

久しぶりのフルハウスで英語のお勉強。
いったいいつ終わるのやら。
今回はDJのいとこスティーブがやってきました。

18話からのピックアップです。

■ We mess around.
  (私たちは気ままに過ごします。)

ドラマ中では訳されていませんでしたが、
「mess around」で「ぶらぶらする」とか「気ままに時間を過ごす」という意味です。
似たような英語に「laze around」がありますが、これもよく使われます。

■ Looks aren't everything.
  (見た目はちょっと。。。)

「〜be not everything.」で「〜が全てではない」と言う意味です。
よって、この英文で「見た目が全てではない」と言っています。

■ All right! B-ball!
  (バスケだ!)

皆でバスケットボールをしようとしているところです。
英語でバスケットボールを「B-ball」と言うらしいです。
面白い表現だったので載せました。

■ How long is Steve gonna be staying at your house?
  (どのくらいいるの?)

直訳すると「スティーブはあなたの家にどのくらいいるの?」です。
特に難しい英語ではありませんが、定型文として覚えておけば便利かなと思いました。

 How long is A gonna be 〜ing.
 (Aはどれくらい〜するのですか?)

■ Food! Food! Food! Food!
  (めし!めし!めし!めし!)?

これも訳されてはいませんでしたが、
英語でも日本人みたいに「めしめし」を「Food!Food!」と言うんですね。
ちょっとウケマシタ。

■ You're out of your gourd.
  (ありえねぇ)

これは意訳ですが、「gourd」は「ひょうたん」という意味で、
「out of one's gourd」で「気が狂って」という意味になります。
従って、この英語は「お前は気が狂ってる」という意味になります。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201814648

この記事へのトラックバック