全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年05月07日

「the」の使い方(一般的なthe)



  

英語で、ものを一般的に言う場合、複数形や無冠詞を使いますが、
「the」を使う紛らわしいケースがあるというお話です。

まず複数形と無冠詞の説明からします。
英語では一般的に「一般的なもの」を表現するとき、
可算名詞の場合、冠詞なしの複数形を使います。

英語の例文です。

 Books are useful.
 (本は役に立ちます。)

これは一般的な「本」をあらわしています。

これに「the」をつけると、特定の本になります。

 The books are useful.
 (それらの本は役に立ちます。)

次に不可算名詞の場合は、無冠詞となります。

 I like music.
 (私は音楽が好きです。)

これも「the」をつけると、特定の音楽になります。

 I like the music.
 (その音楽が好きです。)

さて、「the」を使う紛らわしいケースですが、
自然科学に関する場合や技術的な発明品の場合に「the」を使います。

例えば、

 The tiger is in danger of dying out.
 (トラは絶滅の危機にあります。)

 The dandelion is a kind of flower.
 (たんぽぽは花の一種です。)

これらは動物・植物の種族ををあらわしています。

もう2つ例文です。

 I play the guitar.
 (私はギターを弾きます。)

 The computer is an important research tool.
 (コンピュータは重要な検索ツールです。)

これは発明品をあらわしています。


このように一般的なものを表現するときに「the」が使うことがあります。
もし、一般的なものなのに「the」が付いてたら、
「自然科学」や「技術的な発明品」に関するものかもしれないと思ってください。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 冠詞(aとthe) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かりやすい分析と説明で、
私の英語学習にとても助けになります。
また読ませていただきます。
是非、続けて書いてくださいね。
よろしく。
Posted by ようこ at 2011年05月07日 10:19
コメントありがとうございます。
ペースは落ちるかもしれませんが、
これからも続けていきますので、よろしくお願いします。
Posted by 英語ハナシタイ at 2011年05月08日 12:27
分かりやすい説明と例文ですね

あまり自信がなかったaとtheの使い方がわかってきて助かりました

ありがとうございます
Posted by 浪人けーちゃん at 2011年05月26日 03:58
こんにちわ。
コメントありがとうございます。

aとtheってほんと難しいですよねー。
パターンと例外が多すぎです。

ある程度体で覚えないといけないかもしれませんね。

今後もよろしくおねがいします。
Posted by 英語ハナシタイ at 2011年05月26日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199646520

この記事へのトラックバック