全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年01月30日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(12)



  

最近フルハウスの英語が聞き取れるようになった気がしないでもない。
いや、気のせいか。

ということで12話からのピックアップです。


■ Everybody chow down.
  (さぁ、食べて)

「chow」は「食べ物」「食事」という意味で、
動詞だと「〜を食べる」という意味です。
発音は「チャウ」です。
「食べる」でも、こういう知らない単語を使ってるから聞き取れないんですね。。

■ Should we send out for pizza or Chinese?
  (ピザか中華頼む?)

ジョーイが用意した料理がまずいので、デリバリーしちゃおうかって場面です。
「send out」で「出前を頼む」という意味です。
「send」自体は「送る」なのに、「頼む」というのは面白いですね。

■ It's a gift.
  (才能だ)

「gift」は「贈り物」の他に「才能」という意味もあります。
神様からの贈り物という感じなんでしょうかね。

■ I'm D.J. That's short for Donna Jo.
  (ドナジョー。DJよ)

直訳すると「私はDJです。DJはドナジョーの略です。」となります。
「short」で省略形をあらわしてるんですね。

■ Zig to the right. Zag to the left.
  (ガンガン逃げろ)

面白い表現だったので取り上げました。
「zig」「zag」それぞれ「一方へ動く」という動詞です。
「zigzag」で「ジグザグ」ですからイメージはしやすい表現です。

■ Cue the girls.
  (子供たち、出てきて)

「cue」は「〜合図を与える」という意味で、
テレビや舞台で合図を送るときによく使われます。
ドラマの中でカンペのことを「the cue cards」と言っていました。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183191307

この記事へのトラックバック