全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年01月25日

「L」と「R」の発音について



  

英語の発音の1つ「L」と「R」についてです。
多くの日本人が聞き取りを苦手としています。

まず発音ですが、

「L」は舌先を上の歯の下につけてから発音するのに対し、
「R」は舌先を丸めて奥の方にひっこめながら発音します。

ただ、この2つは発音できても、聞き取りができないという方も
多いのではないでしょうか?

私も1つの単語だけで発音してもらうと、聞き分けができるのですが、
文章の流れのなかで言われると、ほとんど聞き取れません。

で、最近思うようになったのですが、別に「L」と「R」が聞き分けられなくても
いいのではないか?ということです。

要は前後の文章(文脈・背景:context)で、
その単語を判断すればよいのです。

例えば

 I turned off the light.
 (電気を消しました。)

この文の「light」ですが、
文脈からして「right」でないことはわかります。
「light」と「right」の聞き分けができなくても判断できるのです。

日本語にも発音が類似しているものがあります。
それは「お」と「を」です。

この2つですが、1音だけであれば聞き取れますが、
仮に文章の形で「英語を勉強する」を「英語お勉強する」と言われれば、
日本人でさえ気づくのは難しいのではないでしょうか?

というわけで、別に「L」と「R」が聞き取れなくてもいいと思うようになりました。
逆に文脈で判断できるようになれば、自然と違いも分かるようになるのではないでしょうか?
(結果は後からついてくる説)




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182455027

この記事へのトラックバック