全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2011年01月19日

「〜できる」の英語表現



  

先日NHKの英語番組「トラッドジャパン」を見ていて、
「〜できる」の表現は、能動態と受動態があることに気づきました。

例えば、

 It can be removed.
 (それは取り外せます。)

のように受動態で表現していました。

これを能動態にすると以下のようになると思います。

 You can remove it.

おそらく前者は「取り外せる」ことに重点を置いて、
後者は「Youが取り外せる」ことに重点を置いてると思われます。

その他にも受動態の英文がいくつか出てきました。

 In Japan, many varieties of fish can be enjoyed throughout the year.
 (日本では、いろいろな魚を1年中楽しむことができます。)

 Temples and shrines can be found throughout Japan.
 (日本にはお寺や神社が至るところにあります。)

一般的な出来事として「〜できる」を英語にするときは、
いつも「You can 〜」という構文を使っていたので、
受動態も1つのパターンとして覚えておきたいと思います。

なお「できる」を意味する単語は「can」の他に
「be able to 〜」や「It is possible to 〜」などもありますが、
これらの違いはまた別の機会に記事にしようと思います。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック