全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年11月01日

「will」と「be going to」と「be 〜ing」の違い



  

今回は知ってる人は当たり前「will」と「be going to」の違いです。

簡単にいうと

 「will」は、その場で考えて決まった未来(決めた未来)
 「be going to」は、前から決まっている未来(予定)

 
の違いがあります。

次の例文をみてみましょう。

 @I will buy a new mobile phone.
 AI'm going to buy a new mobile phone.
 
両者とも「新しい携帯を買います。」という訳になりますが、
@の方は、その場で咄嗟に(思いつきで)決めた感じで、
Aの方は、何日も前から買うことを決めていた感じになります。

そして、もう1つ未来を表す方法があります。

 I'm buying a new mobile phone.
 
動詞を現在進行系にする方法です。
これは「be going to」と同じで、事前に決まってる未来に対して使います。

実はこの違いを知っていた上で、外国人が寝るときに、

 I'm going to sleep.
 I'm sleeping.
 
と言っているのを聞いたことがあります。

この場合、その場で寝ることに決めたので、

 I'll sleep.
 
ではないか?と思ったので、外国人に聞いてみたことがあります。
少し答えに悩んでたみたいですが、こう教えてくれました。

例えば、夜の11時に寝たとして、10時には11時くらいに寝ることを決めていた。
また、夜に寝るのは毎日当たり前のことだから、前から決まってること。
なるほどと思いましたが、その人にしか聞いてないので、
ほんとにそうなのかは定かではありません。

ただ、willを使うケースもあるそうで、
例えば、仕事で疲れて帰ってきて、うとうとして、どうしても眠くなったときに、

 I think I'll sleep.
 
という感じで使うそうです。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック