全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年10月30日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(7)



  

第7話からのピックアップです。

今日は雨。雨の日は家で英語を勉強するに限ります。

■ Knock them dead.
  (仰天させろ。)

ドラマの中では訳が省略されていましたが、
「knock them dead」で、「びっくり仰天させる。」という決まり文句みたいです。

■ I think it's wonderful you and your wife are still good friends, considering.
  (奥さんとまだ友達でいられるとは。)
  
注目は「considering」です。その前までの英文は無視してください。
文章の後にカンマ続きで「considering」が付くと、「そのわりに」という意味になります。

 You eat a lot, considering.
 (そのわりによく食べるね。)
 
この使い方は知りませんでした。

■ Let's go watch reruns of The A-Team.
  (上で"Aチーム"見よう)
  
「The A-Team」は「特攻野郎Aチーム」の原題です。
気になったのは「rerun」。「再放送」「再上映」という意味です。
使えそうな単語です。
「go watch」は「go to watch」の省略です。

■ It put everything back into perspective.
  (思い知らされた。)
  
「perspective」自体は、「眺め」とか「見通し」っていう意味ですが、
物事に対する正しい見方のようなニュアンスがあるので、
全て(everything)を正しい見方(perspective)に戻した(put back)。
で、意訳で「思い知らされた。」となっています。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック