全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年10月20日

海外ドラマで英語学習 - フルハウス(5)



  

第5話からのピックアップです。

いままでの回より難しくなかった気がしないでもない。

■ I've been dying for a place to wear this outfit.
  (この格好したかったんだ。)
  
「be dying for 〜」で「〜がしたくてたまらない。」になります。
ここでは現在完了形と組み合わせているので、「(ずっと)〜したくてたまらなかったんだ。」
という感じなのでしょう。
ちなみにドラマ内では、「服」という意味で「outfit」がよく使われてます。

■ Champagne, caviar, what have you.
  (シャンパンやキャビアもある。)
  
日本語字幕では訳されてませんが、「what have you」で「〜など」になります。
日本人は「etc.」を思い浮かべてしまいがちですね。
学校では「and so on」を習った記憶があります。

■ I'm psyched.
  (腕がなるよ。)
  
「psych」は動詞で「〜を刺激させる」「興奮させる」という意味があります。
この単語は知りませんでした。
受動態として使われてるので、「興奮してる」-> ハイな気分なのでしょう。
ドラマでは意訳で「腕がなるよ。」になってます。

■ I digress.
  (関係ないか。)
  
「digress」もお初の単語でした。
「(主題)からはずれる」「脱線する」という意味の単語です。
これも意訳でございます。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック