全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年10月02日

海外旅行でよく使われるちょっと意外な単語



  

今回は海外旅行に関する英語を紹介します。

海外旅行でホテルに泊まるときや、予約するとき、
現地ツアーに参加するときなど、意外に知らない単語が出てきたりします。
そんな単語を集めてみました。

itinerary
 旅行計画や旅程のことです。要はスケジュールのことです。
 あまりscheduleという単語は使われません。

rate/cost
 ホテルの部屋などの値段です。
 ネットから宿を予約するときは、priceよりrateをよく見ます。

brochure
 パンフレットのことです。
 pamphletはあまり使われません。
 
accommodation
 宿泊施設のことです。
 観光案内所で、よく見かけます。
 
questionnaire
 アンケートのことです。
 アンケートは英語はでなくフランス語で、私は一回も見かけたことはありません。
 
deposit
 保証金のことです。
 ホテルや何かを借りるときなどに払う前金のことで、
 あとで返金されることが多いです。
 
excursion
 小旅行や遠足の意味ですが、ツアーという意味で使われてることが多いです。
 
occupation
 職業のことです。
 出入国カードなどで記入することが多いです。

provisional booking
 provisionalは「暫定的な」とか「仮の」という意味ですので、
 provisional bookingで仮予約という意味になります。
 
quotation
 クォーテーションというと「引用語句」のイメージが強いですが、
 「見積もり」という意味もあります。
 ツアーに申し込むときなどに紙で渡されたりします。
 
dossier
 書類一式という意味ですが、
 ツアーなどでスケジュールや値段などが書かれた資料に使われたりします。

amount of people
 ずばり人数のことです。
 日本人だとthe number of people と言ってしまいますね。
 英語では数を表すときに「amount」をよく使います。

coach
 バスのことです。
 長距離バスの場合は、busとは言わずcoachが使われます。


結構日本人が使いがちな英語とは異なるものが多いですね。
また何か見つかれば、ここに追加して行きたいと思います。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック