全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年07月31日

「wear」と「put on」の違い



  

「wear」と「put on」は以下のように区別します。

 wear   着ている(状態)
 put on  着る(動作)

例えば、以下の2文は共に、
「彼女は着物を着ています。」という和訳になります。

 She is wearing a kimono.
 She is putting on a kimono.

しかし、前者(wear)は、ずっと着物を着ている状態で、
後者(put on)は、着物を着る動作を表しています。

よって、
着物を一人で着ることが出来ない場合、

 ○She can't put on a kimono by herself.
 
という文章はOKですが、

 ×She can't wear a kimono by herself.

という文章は「一人で着物を着ていることができない。」という
変な意味になってしまうので、NGとなります。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158008739

この記事へのトラックバック