全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年06月23日

言い間違えたときの表現



  

何か言おうとして間違えた場合、
日本語で「間違えた」とか「違うや」とか言いますが、
英語では何と言えばいいのでしょうか?

こういうときは「try」を使います。

英語の例文です。

 Let me try that again.

 I will try that again.

直訳すると「もう一度言わせて下さい。」ですが、
これが「言い直す」ときの表現になります。

ちなみに、以下のような英語フレーズもあります。

 Let me back up [ for a minute ].
 Let me back up [ for a second ].

これは、相手がよく理解していないと感じたときに、
もう少し情報を与える場合に使います。

日本語にすると、
「もう少し詳しく説明しますと」とか「ちょっと言い方を変えましょう。」とか
そんな感じですかね。

英語で意思疎通するとき、なかなか伝わりにくい場合があるので、
使う場面は多いのではないでしょうか。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック