全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年05月22日

英英辞典を使って勉強する。



  

実践で使える英語を習得するには多くの英語表現を知っている必要があります。

英語表現を覚える手段として英英辞典を利用するというものがあります。

英英辞典は英単語の説明が英語で書いてあるもので、
どのような表現を使ってその単語を説明できるのかよくわかります。

例えば私の持っている「コウビルド」という辞書で、
「bee(ハチ)」を引いてみると英語で以下のように書いてあります。

 A bee is an insect with a yellow-and-black striped body that makes a buzzing noise as it flies.
 Bees make honey, and can sting.

 (Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionaryより)

この文章だけでもかなりの英語表現を知ることができます。

例えば、虫という単語は insect, bug, worm などありますが、
ハチは「insect」が適切だということがわかります。

また

 「黄色と黒の縞模様」は「yellow-and-black striped」
 「ブンブン鳴る」は「make a buzzing noise」
 「刺す」は「sting」
 「黄色と黒の縞模様の体を持つ」というのは「with」を使って表現可能

など、役に立つ英語表現がたくさんあるのです。

わからない単語もまず英英辞典で調べる癖をつけておくといいでしょう。
英英辞典でも意味がわからなかったら英和辞典を使いましょう。

英英辞典で有名(おすすめ)なのは以下のものがあります。
1冊持っておくと何かと便利ですよ。
ぜひ英語の勉強に役立ててください。

・コウビルド(COBUILD)
・ロングマン(LONGMAN)
・オックスフォード(Oxford)
・ケンブリッジ(Cambridge)









 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック