全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年05月20日

フライドポテトとポテトチップス



  

イギリスとアメリカでは同じ意味でも異なる単語を使うことがあります。

その中でも1つ混同しやすいものを紹介します。
それはフライドポテトとポテトチップスです。

イギリス英語(British English)では、

 フライドポテト chips
 ポテトチップス crisps
 
アメリカ英語(American English)では

 フライドポテト French fries
 ポテトチップス chips
 
となります。

地域フライドポテトポテトチップス
イギリスchipscrisps
アメリカFrench frieschips


イギリスのフライドポテトとアメリカのホテトチップスが
同じ単語になるので混同しやすいです。

イギリスでポテトチップスを買おうとしてchipsなんて言うと、
フライドポテトがでてくるので注意しましょう。




 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150440399

この記事へのトラックバック

イギリス英語とアメリカ英語の違い
Excerpt: 101019.mp3 (1分52秒)今日はETC英会話のアリソン先生のお話しをお聞きします。 アリソン先生はイギリスのサウスプトン出身。イギリス英語とアメリカ英語は、どんなところが違うのでしょうか。ア..
Weblog: 英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・マンツーマン英会話・初歩からビジネス英語まで ETC
Tracked: 2010-10-31 22:50