全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年05月03日

英検準1級2次対策



  
英検準1級2次対策

先日「TOEICと英検」で英検は「話す」ための勉強には有効といいましたが、
ついでなので、役に立つかわかりませんが、私が実施した英検準1級の2次面接対策を紹介します。

■フリートーク

これは事前に自己紹介的な文を考えておきました。
案の上、「あなたのことについて聞かせてください」みたいな質問でした。

あと試験上までの交通手段などを聞かれるときがあるらしいので、
それも英語で言えるようにしておきました。

■ナレーション

ブログを立ち上げたきっかけでもあるように、「話す」英語が苦手だったので、
ナレーションはかなり苦労しました。

まず2分間という感覚がわからなかったので、ストップウォッチを買って
時間をはかりながら練習しました。

1コマに対しては2文。余裕があれば3文を目安にします。
2文〜3文は以下の@〜Bの組み合わせにしました。

@状態/状況/行動説明

例えば、

・He was riding a bycicle.
・He was on his way home.
・He went to his office to 〜.
・He recieved a phone call from his father.

など、コマから見てとれる状況や行動をそのまま説明します。

A会話説明

これは@とちょっと似てるのですが、
会話をしているコマが多いので別扱いにしました。

「AさんがBさんに話をしている」などという文章を入れて時間を稼ぐのです。

例えば、

・He told his wife/son/daughter (not)to 〜.
・He said to his wife that 〜
・He explained to his wife/daughter about 〜.
・He pointed out that 〜 .
・He discussed the issues with their family.
・They were talking about 〜.
・She was talking to her mother on the phone.
・He asked his wife/daughter to 〜.
・He asked for advice about 〜.
・He asked her if/whether she could 〜.
・He complained that 〜.

などです。
@の状況・行動説明はどのように言えばいいか迷ってしまうときがありますが、
会話説明はある程度同じ英語表現が使えるので、パターンとして持っておくと楽になります。

B感情/表情説明

要は心理状態を説明します。
これもパターンがあるので覚えておきます。

・He seemed/looked very concerned/tired/excited/dissapointed/happy.
・He was concerned about 〜
・He was worried about 〜
・He was very excited.
・He was very dissapointed with 〜.
・He was looking forward to 〜.
・He was reluctant to 〜.
・He was happy with 〜.
・He felt uneasy/sick/distraught/uncomfortable.
・He thought that 〜.
・He thought twice about 〜.
・He thought more about 〜.
・He was thinking of 〜ing.
・He got irritated/confused.
・He hated to 〜.
・He regreted 〜ing.
・He regreted to 〜.
・He wanted to 〜.
・He wanted her to 〜.
・He sounded tired.
・He felt a sense of relief/security/accomplishment.
・He felt refreshed.
・He was upset.
・He was annoyed to see/hear that 〜.
・He was shocked to see/hear that 〜.
・He was enjoying 〜ing.

バリエーションとして、「それを聞いた(見たとき)とき」など入れるといいかもしれません。

・He seemed worried when he saw/heard that.


大きく分類すると上記@〜Bですが、
その他として組み込めればいいと思ったのが、

C結果説明
・He ended up 〜 ing.
・He decided to 〜.
・He mada a decision to 〜.
・They had a good time with thier 〜.

Dつなぎ言葉
・Because he 〜
・As he 〜
・Since he 〜
・But he 〜
・Although he 〜
・Suddenly,
・Just to make sure,/As a reminder,
・Unexpectedly,


またナレーションでは、以下の点に気をつけました。

・沈黙しない。
・コマから見てとれるものをそのまま表現する。
・コマに誰がいるのか?何が問題なのか?に着目する。
・最初の1文の人物視点で話す。(話をはじめる)
・難しい表現は使わず、シンプルな言葉を使う。
・前置詞や三単元、複数形に気をつける。


面接当日は、ナレーションでパニックになってしまい、
うまく話せないことがあるので、事前に知り合いにお願いして、
2分間スピーチを聞いてもらうといいと思います。

文章が長くなってしまったので、「質疑応答」はまた別の機会にしたいと思います。





 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148578308

この記事へのトラックバック