全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2010年04月18日

「どちらでもない」を英語で



  
「どちらでもない」を英語で

例えば「あなたは魚が好きですか?」と聞かれたとき、
「好きでも嫌いでもありません。」つまり「どちらでもありません。」
と答えたいとき

 I don't like fish.

だと「嫌い」というニュアンスになってしまうし、

 I like fish.
 
だとそのまま「好き」になってしまうので、
なかなか表現が難しいところです。

このような時は、以下の表現が使えるようです。

 So-so.
 Yes and no.
 half and half.
 fifty-fifty.


質問のされ方によっては、

 It's not bad.

なんかもいいかも。

ちなみに「微妙」という意味に「iffy」という単語がありますが、
これは例えば、冷蔵庫に期限切れの食材があって、食べれるかどうか判断しずらい場合に
次のように使います。

 That's a bit iffy.
 
意味は 「ちょっと微妙ですね。。」


タグ:英語 英会話



 全ての記事一覧はこちらにあります。-> 記事一覧, 記事一覧2
 姉妹サイトも宜しくお願いします。-> 英語中級者への道


 宜しければクリックお願い致します。
 モチベーション下がったときの励みになります。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他

posted by 英語ハナシタイ at 20:44 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: