全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2018年02月25日

「〜するのはもっともだ」を英語で


英語で「もっともだ」は以前紹介した下記表現があります。

 That makes sense.
 (ごもっともです。)

 That makes a lot of sense.
 (同上)

今回は別の英語表現を紹介します。
「may」を使った表現です。

 It may well be that 〜

これで「〜するのはもっともだ」となります。
このまま覚えてしまいましょう。

英語の例文です。

 It may well be that you got angry.
 (あなたが怒るのはもっともだ。)

「may well {動詞}」の形でも使えます。

 You may well get angry.
 (同上)

「may」を使った英語表現は似たようなものが多く、
個人的に苦手なのですが、深く考えずこのまま覚えた方がよさそうです。




posted by 英語ハナシタイ at 10:54 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

「特にありません」を英語で


英語で「特にありません」は、

 Nothing in particular.

と表現します。

「particular」は「特定の」という形容詞(名詞もあり)で、
「in particular」で「特に」「とりわけ」という意味になります。

この英語表現を使うときは少し気を付けなければいけません。

まず無関心の場合などに使われることがあります。
「いや別に・・」みたいなニュアンスです。
(全てがそういうニュアンスではありません)

次に文法的に使えなかったり、慣習的に使わなかったりすることもあるそうです。

例えば、

 Do you have any hobbies?
 (趣味はありますか?)

に対して「Nothing in particular」という回答はしないそうです。
無関心なのか考えるつもりがないのか。
そういった感じに伝わるので、
普通に「No」と答えるのが良いそうです。

さらに「Yes/No」型の質問には使えないみたいです。

その他、「what kind」や「which」で始まる質問にも使えないとのこと。

下記のような英語の質問に対してはOKです。

 Do you have any plans for 2018?
 (2018年は何か予定がありますか?)

どういった場面で使えるのか/使えないのかは、
なかなか難しいので、不安な場合は「特に〜」という回答ではなく、
はっきり答えるのがいいかもしれませんね。


posted by 英語ハナシタイ at 10:30 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「(考えなどが)深い」を英語で


「深い」は英語で「deep」ですが、
物理的に深い場合に使うことはみなさんご存知だと思います。

ただ芸術や伝統などで「深い」場合にも「deep」が使えます。

日本語と同じ使い方なのは興味深いですね。

「deep」の他には、

 profound

という英語もあります。

こちらも「deep」と似ていますが、
「profound」の方は、知識や考えが「深い」
というのがメインでしょうか。

「profound」は「deep」に比べて、ややフォーマルな単語です。
ニュースや文化的なテレビ番組・雑誌などで
使われることが多いと思います。

また変化や影響が「重大な」「甚大な」という意味もあります。


posted by 英語ハナシタイ at 15:17 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。